腰といった膝を不可欠で壊して辞めてみたはいいがなかなかキャリアが決まらない用事

20年代から4通年頑張りた土木工事の法人だったが疲弊というだめが溜まっていたのかようやく膝って腰を崩した。腰は椎間板ヘルニア膝は太もも骨の崩れが凄まじいらしく曲がらなくなり一時期は起きる事も出来なくなったのでこのままでは今後の将来に関するという医師の提案もあって異存を持ちながらも続けていた商売をついに辞めた。不満垂れ流しになるのでゴメンナサイが聞いてほしい!予め就職初日に会場に1人様黙殺でろくなレヴューもせず工事撮影撮っといてはいかなることですか!?ww工事なんてようやく確かめるし中位科卒業の自分にはなんのことだかわかりませんよ!wそれで撮って帰ったら長期間それが違うこれが足りないと怒られても怒られてる特性すらそれほどわかりませんよwwそうして引き続き残業で記録手伝わされて22うちごろにやっと帰れてひどい初日でした!それから多少はその調子で続いて普通半年ほどでいきなり会場指揮任されてみずからやらされましたよw右手も左側もわからずワーカーさんたちに多々聞きながら初めて終わらせましたが利得はほとんど出ませんでした、なので社主にはこっぴどく叱られましたけど完成させただけでも褒めて欲しかったですよw丸々指揮様々やらされて辛かっただワーカーで就職したはずなのに、、、月収はワーカーなのに監督して2時期目線には国々ライセンスまで奪い取りに行かせられて勉強したの3日光だけですよ!?もっと開始日光素早く教えて下さい!w3日光で従来事柄6時期分丸暗記して受かりましたけどそれを正当みたいに言わないで下さい!必死でしたよwとっくに表現言っててもキリがないですねw今日はこの辺にしておきます!読んでくれてありがとう!立ち読みだけなら完全に無料ですよ